注文住宅 費用

注文住宅依頼後に発生するかもしれない追加費用について

 

建売住宅の場合はすでに完成した物件を見てこれで3000万円は高いとか、1500万円は安いとか判断できます。

 

 

しかし、注文住宅の場合はゼロから建てていくものなので、契約をした後に間取りの詳細を決めたり、インテリアやエクステリアの詳細を決めたりします。

 

 

 

 

 

結果として施工を依頼した後に様々な追加費用が発生し、予算オーバーとなってしまうのです。

 

 

ではどんな追加費用がかかるのでしょうか。

 

 

追加費用がかからない対策はありますか。

 

 

少し考えてみましょう。

 

 

予算オーバーしやすい理由

 

まずは、注文住宅の場合にどうして追加料金が発生してしまうのかのその仕組みを知っておきましょう。

 

 

注文住宅の場合は、ハウスメーカーや工務店から詳細な見積もりがないまま契約をするケースが多々有ります。

 

 

そうすると、現実的な図面を書いて各部の詳細を詰めていく段階で当初とは違う価格が出てきてしまうことがあるのです。

 

 

さらに、各業者によって見積もり書の精度が違います。

 

 

詳細な見積のように見えて、実は工事に直接関係する費用だけを含めた見積もりで、それ以外の経費は含まれていないということがあります。この場合、後からいろいろな経費が上乗せされます。

 

 

では具体的にどんな追加費用がかかるのでしょうか。

 

 

大きく分けて追加費用は2つに分けられます。

 

 

 

 

 

自分が予期しなかったものと、ついつい払ってしまう追加費用です。

 

 

予期せぬ追加費用

 

最初の契約の時には工事にかかる費用だけの見積もりで、契約や登録にかかる費用が入っていないことがあります。

 

 

印紙代や火災保険料や登記費用などは必ず後からかかってきます。これはきちんと説明してもらっておかないと素人では気がつきにくい費用です。

 

 

さらに人件費や資材の価格が契約をした時より上がったので追加しますということもあります。

 

 

坪単価が3万円ほど上がってしまいますと言われることがあり、それくらいならいいかと思うのですが、30坪前後の土地ですとそれだけで100万円近くプラスになってしまうのです。

 

 

この場合は人件費を削ると家の品質や信頼性が危険にさらされますので、資材の部分で金額を調整して対応しましょう。

 

 

壁紙やドアや照明などのグレードを下げたり、カーテンやカーテンレールは自分で調達するようにしたりできるでしょう。

 

 

また、よくある追加費用が地盤補強です。この追加費用は300万円から500万円と非常に高価になります。

 

 

例えば、施工請負契約をして、いざ施工開始という時に、近所で地盤が一部分沈下したという知らせが入ります。
そのために自分たちの土地も地盤調査をしましょうとなります。

 

 

すると、そこが以前は沼地だったとか、廃棄物埋立場だったとか知らなかった事実が判明し、地盤がかなり不安定なために杭打ち補強が必要ですという事態になります。

 

 

すると調査費、杭打ち施工費で500万円ほどはあっという間に飛んでいってしまうのです。

 

 

では、どうしたらよいでしょうか。

 

 

対策としては、あらかじめ注文住宅 相場を把握したり、契約前に土地の成り立ちを調べたり、気になる場合には地盤補強工事の可能性を営業担当者に確認したり、調査の依頼を最初にしておいたりする事ができるでしょう。

 

 

契約前の調査は地盤だけではなくて、きちんと下水道が来ているかなども確認しましょう。

 

 

 

 

下水道を自治体が引き込んでくれるまでは時間もかかりますし、それまでは下水処理をする設備を自前で設置しなければならなくなるので費用がかかります。

 

 

契約後に費用が追加されることになったなら、追加の見積もりに対して契約をした時と同じ値引率を適用してもらえないかを交渉することができるでしょう。

 

 

もしくは、解体工事や外構工事、またはインテリア工事などを自分で業者を見つけて行うように変更するなら大幅に予算を浮かせることができます。

 

 

ついしてしまう追加費用

 

契約後に打ち合わせをしていると、カタログの色々なオプションを見て追加オプションをどんどん入れたくなってしまうということがあります。

 

 

壁は自分で水洗いできるタイプのものがいいとか、セキュリティシステムがあったほうが安心なので追加しようという具合です。

 

 

さらに間取りにも欲が出てきて、お風呂やトイレの間取りを広くしたい、トイレは二階にもあったほうが便利じゃないかなどの追加希望も出てきます。

 

 

すると一つ一つは数万円から数十万円の費用なのですが、合計すると数百万円になってしまいます。

 

 

 

 

 

さらには、高価な設備となる太陽光発電も進められることがあります。

 

 

今月はキャンペーンで何割引ですと言われたり、この設備を導入すると光熱費はゼロで、余った電気を売れるのでむしろちょっとしたお小遣い稼ぎになりますよと言われたりします。

 

 

設置金額は10年で元を取れるとも言われますが、ローンの金利などを考えるとそんなことはありません。また、設備が壊れた時にかかる費用は自分持ちです。

 

 

もちろん便利な設備ですが、予算をオーバーしながら追加するようなものではありません。

 

 

施工中に、工事をしている業者からさり気なく棚の強度を補強しませんかとか、ロフトの立ち上がりを長くしませんかなどと聞かれてきます。

 

 

簡単に聞いてくるので、そうしようと思い、ついついはいと答えてしまいますが、しっかり追加料金が発生しています。

 

 

このようなときには即答せずに、ハウスメーカーや工務店の担当者に相談するか、施工業者から担当者に直接話すように伝えて下さい。そうするなら設計ミスで補強が必要な場合は追加料金無しで工事をしてくれます。

 

 

このように注文住宅を依頼した後に発生するかもしれない追加費用について考えてきました。

 

 

事前の打ち合わせの段階で防げるものもありますので、これらのポイントに留意しながら予算の範囲内で家を建ててください。